« クマゼミの羽化を観察in新町川水際公園 | トップページ | 天津日子根を祀っているから猫神様! »

2015年12月 3日 (木)

勝浦川干潟のシオマネキ!

0100101002010101010040101020666605555044440100301005010070100801009011110222203333010104010103010105010106010107010108010109

勝浦川河口干潟は吉野川河口干潟とともに環境省指定の重要湿地500のひとつとなっている。シオマネキ・白扇シオマネキ・フトヘナタリ貝・トビハゼなどが、ごく普通に見られる。

この日は、美馬市一宇の小学生たちが宿泊訓練に来ていたのを干潟へ案内した。

みお筋がSの字に流れる干潟で生きものを探した。石には魚か貝の卵がたくさんついている。人間がたくさん来たのに驚いて、黄色い葦原カニが早足で逃げていく。

とにかくたくさんいたのが、にほん本ヤドカリ。

横に歩かず前に進む「まめこぶしカニ」、細長い魚「ガンテン石ようじ魚」、縞々のきれいな模様にバズーカーのようなごっついハサミの「鉄砲エビ」、干潟の穴をつくっている「あなじゃこ」や「日本砂もぐり」、その巣穴に共生するハゼの仲間。

すべすべの「はまぐり」、ざらざらの「沖シジミ」、黒い水玉模様の顔に毛の生えたハサミをもつ「毛ふさ磯カニ」、干潟に砂団子を残す「こめつきカニ」などがみつかった。

勝浦川の干潟にはハマサジやフクドなどの塩性湿地植物もみられる。

« クマゼミの羽化を観察in新町川水際公園 | トップページ | 天津日子根を祀っているから猫神様! »

生きもの探検隊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137663/63236361

この記事へのトラックバック一覧です: 勝浦川干潟のシオマネキ!:

« クマゼミの羽化を観察in新町川水際公園 | トップページ | 天津日子根を祀っているから猫神様! »

2016年5月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31