« カタツムリスイーツと新種のカタツムリ発見 | トップページ | クマゼミの羽化を観察in新町川水際公園 »

2015年12月 1日 (火)

干満石お亀とアサタチヒコ

   11asa_2 13asa 15asa 16asa  37asa 36asa   

海から遠いところにありながら、海の潮の満ち引きがわかるという「干満石」伝説をもつ奇岩・奇石はわりと全国に多い。

そして麻の神様が海と深い関係があるということを物語っている神社が阿波徳島にはいくつか、今に伝わっている。その一つが朝立彦神社である。

麻から麻のセンイをとる技術を持った人たちを「おし」または「うし」というが、この朝立彦神社の北の谷に「牛屋谷(うしやたに)」の地名がある。  2asa

22asa5asa9asa3asa 朝立彦神社は徳島市飯谷町小竹にある。飯谷小学校の前の潜水橋のひとつ上流の潜水橋をわたり左へ、山村の坂道をどんどん登っていく。道は一本道。自動車の通れる道の行き止まりまで行き、そこから杉林の中を徒歩で登っていくか、その一つ手前のミカンの植わっている石垣の段々畑の脇の道を徒歩で登っていく。

6asa

台風の激しい風と雨がかけぬけていく山の尾根にある神社なので、中津峰の山頂の天津神社と同じように、防風石垣だろうか、背後を石垣で囲まれてまもられている。

神社の家紋なのだろうか、ひとつ巴の文がついている。

神社の前には小さな農村舞台がある。

勝浦町と堺の尾根の上にある。『延喜式神名帳』に記載されている阿波の神社50社のひとつ「阿佐多知比古神社」がこの神社といわれている。

神社の境内の案合図は鼻の長い天狗に見えてしかたがない。

後ろから追いかけるように登って来たのは、鉄砲をもった猟師さん。害獣となっているイノシシか鹿を撃ちに来たのだろう。

『延喜式』は905年(延喜5年)醍醐天皇の命により藤原時平らが編集を開始、時平の死後は藤原忠平が編集を引き継ぎ、927年(延長5年)に一応完成した。その後も改訂が加えられ、40年後の967年(康保4年)より施行された。この『延喜式』に載っている神社は西暦967年よりも古い神社ということになる。

8asa7asa中世には「護王権現」とよばれていた。明治4年に朝立彦神社と改称された。神社の真裏に「お亀」と呼ばれる石灰岩の巨石があり、これがそもそもの御神体と思われる。

この「お亀」には「お亀の池」という2尺あまりの穴があり、この水は一年中、涸れないという。このことから、この地域では祈雨の神として霊験あらたかな社であるとされている。

12asa23asa山川町の岩戸神社の巨石「おごけ」にも一年中涸れることのない岩穴「延命水」がある。同じ信仰の形を感じる。岩戸神社の「おごけ」は麻の繊維を晒したものを叩いてほぐした石であるといわれている。朝立彦神社のアサとは繊維の麻のことかもしれない。

Bizan1また、吉野川と鳴門海峡を見下ろす大麻彦神社と対をなす、勝浦川、那賀川を見下ろし、橘湾蒲生田岬を望む神社だったのかもしれないと思う。神社の東は公園になったいて、その最端の展望台からは眉山の後ろに特徴的な大麻山の姿が見える。日の峯も見える。

『阿波志』には、「和多津見豊玉彦命を祭る。飯谷村に在り、俗に権現と云う」との記載がある。『寛保改神社帳』には「飯谷村護王大権現、別当飯谷村醍醐寺」と記されている。

28asa

1asaHinomine1ワダツミの神は豊玉姫が有名であるが、ここではヒコとあり男性の神様のようである。

「お亀」は東南に開け、とても見はらしがいい。眼下には勝浦川と那賀川の雄大な流れが見え、那賀川がつくった河口デルタ地帯が一望でき、その先に蒲生田岬と伊島が見える。

海がよく見えるのでワダツミノの神が祭られていてもおかしくないが、式内社阿佐多知比古神社というなら、祭られているのは阿佐多知比古と思われる。

巨石オカメのくぼみの泉は海とつながっていて、潮の満ち引きがわかるという伝説もある。麻はロープとなり網となり、帆となり、釣り糸となるので、海洋民が生きるための重要なものとして重視したと考えらえる。海洋民が、そんな生活の糧である麻を神さまとして祀ったのがアサタチヒコなのではないだろうか?

阿佐多知比古を祭る神社は日本にここにしかない。この地域に固有の神様である。

33asaMorinoousu 35asa29asa

神社より西に、少し尾根を登った所に山神社がある。大きな自然石の岩クラがあり、それによりそうように祠が2つある。

17asa19asa参道の山道の沢が清めの水になっていた。沢を渡る石橋も立派な感じである。

登り口はとても分かりにくい。民家の脇のミカン畑の道を登っていく。

途中に朝立彦神社への道しるべの石碑が立っているのを見つけ安心する。

18asa25asa27asa26asa

« カタツムリスイーツと新種のカタツムリ発見 | トップページ | クマゼミの羽化を観察in新町川水際公園 »

伝説探検隊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137663/63236479

この記事へのトラックバック一覧です: 干満石お亀とアサタチヒコ:

« カタツムリスイーツと新種のカタツムリ発見 | トップページ | クマゼミの羽化を観察in新町川水際公園 »

2016年5月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31