« 敗れたものの歴史・田口成良 | トップページ | タネが危ない!野田勲氏講演会メモ録 »

2015年12月22日 (火)

蛇族の末裔

長国は那賀川流域の旧国名。粟国は吉野川流域の旧国名。大化の改新によって、二国は阿波国に統合されたという。

長国は海部氏が治め、粟国は忌部氏が治めていた。

徳島県海部郡海陽町大里松原の八幡神社内には式内社那賀郡和奈佐意富曾(わなさおふそ)神社がある。ワナサは「和奈佐」という地名で、オフソは「大麻」のことと思われる。海部氏が祀る神様は大麻の神なのである。古代、海洋民が漁をするために使用するロープも帆も、釣り糸も網も麻できていたので、海洋民は麻を大事にした。

海部氏の系図というのが、京都府宮津市に鎮座する籠神社に伝わっている。『籠名神社祝部氏係図』と『籠名神宮祝部丹波国造海部直等氏之本記』という2つの系図で、国宝である。籠神社はワナサという老夫婦が天女の羽衣を隠し、天に帰れなくなってしまった、酒つくりに長けた天女を祀っている。

この籠神社の海部氏の系図によると、初代は彦火明命(アマテラスの子ども天押穂耳尊の第三御子・天孫降臨したホノニニギの兄弟)。その児(二代目)天香語山命(亦名手栗彦命)。孫(三代目)天村雲命。三世孫(四代目)天忍人命(亦名倭宿禰命)と続く。

注目したいのは、二代目アマノカグヤマ・三代目アメノムラクモ・四代目ヤマトスクネの三人ともが阿波国に関係があることである。

(1)アマノカグヤマ
天香具山は天の岩戸開きのときに、八咫の鏡を吊るし掲げた榊をとってきた山。祭祀を取り仕切ったのは阿波国に本拠地を置く忌部氏である。

(2)アメノムラクモ
天村雲は草薙の剣のこと。この天村雲を祀った神社が阿波国にはある。

(3)ヤマトスクネ
倭宿祢の別名は珍彦(うずひこ)であり、神武天皇が東征において速吸門(はやすいのと)で船路の先導者を行った神である。鳴門の渦は世界最大の大きさで、渦といえば阿波国鳴門である。

粟国の忌部氏は天の岩戸開きの神事(新嘗祭)を取り仕切っていた一族。その一族に関係がありそうな、アメノカグヤマ・アメノムラクモ・ウズヒコの名が、長国の海部氏の系図に登場する。

K3333333

『古事記』では、スナノオが退治した八俣のオロチの尻尾から出てきたというから、クサナギという名が名づけられたという。しかし、単純に「草をなぎはらう」という意味で開墾するとか、なぎはらった草を堆肥にするということから、農耕するという意味なのかもしれない。

三種の神器の一つである草薙の剣の別名というか、剣を神格化した名を天村雲(アメノムラクモ)という。その天村雲の名の神社が山川町の高越山の裾野、川田川の西にある。川田川上流の高越山の裾野には銅を産出する鉱山があり、戦前まで実際に掘られていた。

銅山があったから、剣を祭る神社があっても不思議ではないが、はたして、この山川の小さな神社と三種の神器とは関係があるのだろうか?『延喜式』によると天村雲神社は忌部神社の摂社になっている。忌部氏は天皇家の祭事(まつりごと)を司っていた一族。天皇を示すシンボルである剣も忌部氏の制作なのか?草薙の剣は徳島産なのか?

天村雲神社に祭られている神さまは2柱。天村雲神と伊自波夜姫。天村雲神は雨の神で伊自波夜姫は洪水出水の神であるという。水に関係する神さまのようである。

水の神さまとなると、三種の神器からは、遠ざかるような気がするが、実際に天村雲神社に行ってみると、そこには太い立派なしめ縄があり、水の神さまは蛇のイメージであり、剣に近づいた気がした。スサノオに退治されたヤマタのオロチの尾から出てきた草薙の剣=天村雲も洪水と恵みの雨のイメージをもつ、水の神さま、蛇のイメージにつながる。

草薙の剣を天村雲の別名で呼ぶのは、ヤマタノオロチの頭には雲が立ち込め雨が降っていたとの伝説から、またクサナギの剣のナギは蛇の意味で、クサは奇のことで畏怖の意味。つまり草薙の剣は「聖なる蛇の剣」であるとも考えられる。

そしてやはりキーワードは忌部氏と麻であると思う。忌部氏は天皇交代の儀式、古い天皇から新しい天皇に霊力を移す儀式を行うために、代々の天皇の大嘗祭に麻の織物を献上している。

K22222222K1111111この麻織物(アラタエ)と蛇は関係があるといわれている。蛇は脱皮し、新しい生を得る。この脱皮のイメージが麻織物(アラタエ)には込められているのではないか?という説である。

天村雲神社の背景には高越山があるが、高越山は昔、木綿麻山(ゆうまやま)と呼ばれていた。木綿は楮や梶のことで、神への至上の手向けとなる御幣をつくる楮・梶(木綿)がとれる山だったのだろう。楮の原名は「カカソ」であり、梶の原名は「カガヂ」である。古代日本においてカカは蛇を表す言葉であった。つまり蛇麻(カカソ)という意味である。禊祓を行う道具である御幣は脱皮し新しい生を得る蛇の皮の代用品なのかもしれない。

1111asa大昔、黒潮に乗って、阿波の国から麻をもって移住していった人々の末裔である栃木県の麻職人の大森さんが、麻のふるさと忌部神社に治めた麻。

古代日本において蛇はカカまたはハハとよばれていた。カカもハハも母親の呼び名である。これについて吉野裕子著『日本人の死生観~蛇信仰の視座から』によると、日本人は蛇信仰の民族であり、産屋は蛇がトグロを巻いている形で、その中で生まれる子は、まず蛇として生まれ、手足が自由にならない一枚布にまずくるまれる。そして三日衣装やソデ通しなどとよばれる脱皮の儀式を経て手足のある人間に生まれ変わるとしている。

禊祓にもちいいる麻の御幣も大嘗祭のアラタエも蛇信仰をもつ蛇族の「脱皮の儀式」と考えることができるかもしれない。

三種の神器は剣・玉・鏡であるが、カガミは蛇の目。「カカのメ」のことだという。蛇にはまぶたがなく、ずっと目を開いたままだから、鏡は蛇の目に思えたのかもしれない。また玉もビーズのネックレスのように長く連なったものだという。これも蛇のイメージに思えてきた。三種の神器はみな蛇族のトーテムシンボルのように思われる。

参考文献:吉野裕子『日本人の死生観~蛇信仰の視座から』講談社現代新書・昭和57年

日本の神話である『古事記』『日本書紀』によると初代天皇神武天皇の母は海神の娘の玉依姫で父は玉依姫の姉の豊玉姫と天孫ニニギ命と山神の娘コノハナサクヤ姫の間の子である山彦の間に生まれたウガヤフキアエズである。

豊玉姫は臨月になって、山彦のもとを訪れ、波打ち際に産屋を建て、その屋根を鵜の羽で葺いたという。しかし、思ったよりお産が早く、鵜の羽で屋根をすべて吹くことができなかった、そこで生まれた子の名をウガヤフキアエズと名付けた。豊玉姫はお産のときは本来の姿となって子を産むので、絶対に見ないでくださいと言ったが、山彦はその見るなのタブーを破ってしまう。海神の娘である豊玉姫は古事記ではワニの姿で、日本書記では龍の姿であったという。豊玉姫は本来の姿を見られては地上にいられないと、海に帰り、海と陸とをつなぐ道も閉ざされてしまった。

神武天皇は東征し飛鳥に定住し、三輪山の美和の大物主神の娘のイスケヨ姫を妃にするが、三輪山の神はたたる蛇神であり、蛇族から妃を娶っているといえるのではないか。

この物語だけをもって、天皇家も蛇族の末裔とするのは乱暴かもしれないが、麻や楮梶からつくられる木綿が儀式に使われるのは、蛇信仰の脱皮による新生という考えからきていると思う。

« 敗れたものの歴史・田口成良 | トップページ | タネが危ない!野田勲氏講演会メモ録 »

伝説探検隊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137663/63240212

この記事へのトラックバック一覧です: 蛇族の末裔:

« 敗れたものの歴史・田口成良 | トップページ | タネが危ない!野田勲氏講演会メモ録 »

2016年5月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31