トップページ | 埋め立てられたアオギスの海 »

2015年11月27日 (金)

おにぎりイベント!

000001000002000003000004000000120000017









収穫祭イベントとして、新米でおにぎりを握って食べる食事会を行った。

食事会に先立って、スライドを使って、農家さんがお米をつくることで、そこで稲といっしょに育つさまざまな生きものの話をした。

農家さんは「田植え・田作り」という。お米をつくるのだからお米植え、稲植えが正しい日本語かもしれない。

しかし、田んぼに田んぼを植えるのだ。

これには深い言葉の重みがある。農家さんは田植えをして田んぼをつくる。田んぼという環境をつくると、そこで稲は自ずと育つのだ。

農業とは「環境を整える仕事」なのである。

おにぎりに添えられた料理は「ゆるベジ」

「ゆるベジ」はゆるいベジタリアン料理。お肉・魚・乳製品・卵を使わない。お酒・みりん・ダシを使わないで、野菜そのものの味を引き出すという野菜料理。

ナスのから揚げは小麦粉と米粉を半々で、それに醤油にニンニクとショウガを入れてつくったタレで風味をつけたもの。インゲンの胡麻和えはインゲンのうまみを壊さないようにゴマを合わせる。レンコンと里芋のクリームスープは牛乳ではなく豆乳。

野菜っておいしいと思った。ナスが苦手な子どももこれなら食べれる。

ちなみに沢庵漬けは、田んぼで田植え体験・稲刈り体験をさせていただいた武蔵さんの奥さんの妹さんが、勝浦で漬けたもの。

お米は、武蔵さんから提供していただいた。田植え・稲刈り体験をさせていただいた田んぼのお米は、やや刈り遅れてしまったので、来年度作付分の種モミとなった。提供していただいたのは、となりの田んぼのもの。もちろん無農薬有機栽培。

トップページ | 埋め立てられたアオギスの海 »

田んぼ探検隊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137663/63240845

この記事へのトラックバック一覧です: おにぎりイベント!:

トップページ | 埋め立てられたアオギスの海 »

2016年5月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31